Lineup探す

自然派Styleメバチマグロネギトロ2食

刺身にできるほどおいしい天然メバチマグロが原料。

原料の天然メバチマグロは、資源にやさしい「はえ縄漁」で漁獲し、船内ですぐに冷凍した鮮度の良いものを使用。スジを一つ一つていねいに除去してから身の粒感を残すようにたたき身にしてあるので、食感も楽しめます。

刺身にできるほどおいしい天然メバチマグロが原料。

 「自然派Styleメバチマグロネギトロ」に使用するのは天然メバチマグロのみ。それも刺身にできるほど良質な原料を使っています。おいしいネギトロを作るには、鮮度・色・身質などを兼ね備えたおいしいマグロを使うことが絶対条件。「自然派Styleメバチマグロネギトロ」はマグロを扱って65年以上のマストミが、長年培ってきた経験と技術で目利きした原料だけを使い、「マグロ本来の魅力を知っていただきたい」という想いを込めてつくられています。

写真:刺身にできるほど良質な天然メバチマグロが原料。市販品の多くに使われるような端材は使いません。

「素材の良さ」で勝負する「食感の良い」ネギトロです。

 「自然派Styleメバチマグロネギトロ」は、鮮度のよいマグロの味わいと独特のもちっとした食感を楽しんでいただけるよう、手間はかかりますが様々工夫を製造工程に取り入れています。
・マグロには太く固いスジがあるので、口に残るようなスジは機械と手作業で丁寧に取り除く(写真:スジ取り後)。
・身の弾力を生かすため、ペースト状ではなく、つぶ感を残す。
 このため、組合員さんからは「身がつぶれておらず、食感が楽しめる!」「口当たりがいい!」と好評です。マグロの他に使用しているのは非遺伝子組み換えのなたね油のみなので安心。市販品の多くに使われているpH調整剤、酸化防止剤は使用していませんので、お届け後はお早めにお召し上がりください。

持続可能な漁法である「はえ縄漁法」にこだわります。

 マグロのように広域を回遊する魚は、古くから「はえ縄漁」が行われていました。製造するマストミもかつては、はえ縄専門の漁業会社でした。はえ縄漁法は100km以上もの縄をつなぎ、数千本の釣り針を垂らします。網を使わずに一本ずつ引き上げるため、魚が傷つかず、状態の良いまぐろが手に入り、高値で取引されます。また一定サイズのまぐろをだけを漁獲し、過剰に獲ることがないため、資源に配慮した漁法といえます。
 しかし近年、「巻き網漁」が主体となり、大小含めたマグロが一網打尽に漁獲され、幼魚の乱獲による資源の枯渇が指摘されています。限りある水産資源としてのマグロを守るためにもはえ縄漁法は必要です。
 「自然派Styleメバチマグロネギトロ」は「はえ縄漁」で獲られたメバチマグロに限定。貴重な天然資源を守りつつ、マグロの魅力を後世にも伝えられるよう、持続可能な漁業とそれに取り組む漁師を応援します。 

忙しい時にも便利!解凍してご飯に盛りつけるだけでネギトロ丼!

 マグロ本来の食感、旨みを気軽に味わっていただけるように50gずつの少量パック入。流水解凍して、あつあつごはんにサッとのせて、海苔とネギをたっぷり添えればごちそう完成。時間がない日の食事の準備にも活躍します。
【上手な解凍方法】
食べる直前、内袋のまま溜め水または流水で解凍してください。解凍時間の目安は3~5分程度です。
※冷蔵庫内や、自然解凍による緩慢解凍は変色の原因となりますのでおすすめしません。
※解凍後、袋のまま置いておきますと、酸欠による変色が起こる場合があるので、すぐに袋からだしていただくのがおすすめです。

基本情報

内容量 50g×2
JAN 4582270702229
原材料 メバチマグロ(水揚げ 静岡/漁獲海域 太平洋)、菜種油
賞味期限 15日
保存方法 要冷凍(-18℃以下)
栄養成分表示

【50gあたり(推定値)】

エネルギー
95kcal
たんぱく質
8.8g
脂   質
6.5g
炭 水 化 物
0.05g
食塩相当量
0.1g
製造所

株式会社マストミ

〒770-0873
徳島市東沖洲2丁目26-14

放射性物質検査結果
※単位はBq/kg
※()内は検出限界値
詳しくはこちら
検 査 日 付
2019/9/19
ヨ ウ 素 131
不検出(1.66)
セシウム134
不検出(1.85)
セシウム137
不検出(1.66)
取扱生協 コープ自然派

■アレルギー情報について

  • 本サイトでは、食品表示法にもとづく表示義務のある特定原材料(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生(ピーナッツ))の7品目と表示を推奨されている20品目のうち、商品に使用している原材料中のアレルギー物質を案内しています。(使用原材料中に27品目のアレルギー物質をいずれも使用していない場合は表示されません。)
  • アレルギー表示がない場合でも製造ライン等からアレルギー物質が混入(コンタミネーション)する場合があります。特定原材料7品目(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生(ピーナッツ))が混入する場合は、パッケージには注意喚起の表示をしています。(例:卵を原料にした製品と同じ工程で作られています。)
  • 商品のリニューアルなどにより、パッケージの表示に変更が生じる場合があります。ご購入、お召し上がりの際は必ずお手元の商品の表示をご確認ください。

■放射性物質検査結果について

  • 検査項目は放射性核種 3種(放射性ヨウ素I-131、放射性セシウムCs-134、Cs-137)です。
  • 外部の専門検査機関またはコープ自然派事業連合放射能検査室がゲルマニウム半導体検出器により、検出限界値が3Bq/kg以下を目安として測定をしています。
  • ( )内は検出限界値です。検出限界値は測定ごとに検出判定するための値です。

情報更新日:2019年10月11日

編集担当:コープ自然派

このページを共有する